Q&A

【ヘアカラー】おしゃれ染めと白髪染めの違いを現役美容師が解説

いらっしゃいませ、役に立つヘア情報ブログ 管理人の渡邉 佑典です(笑)

 

カラー剤は大きく分けて2種類あります。

・おしゃれ染め(ファッションカラー)

・白髪染め  (グレーカラー)

 

お客様からもよく『どう違うの?』と質問を頂くことも多く、疑問に思われている方も多いかと思います。

今回はその違いについてお伝えしていきましょう。

 

おしゃれ染めと白髪染めって何が違うの?

 

一番わかりやすいところで言うと白髪を染められるかと言うところです。

 

白髪染めには含まれている染料濃度が圧倒的に濃く作られております。

その為、白髪にもしっかりと色が入っていきます。

 

白髪染めの染料濃度とは

 

基本的にはブラウンをベースとした色素になります。

このブラウン色素がメインで使われているか 使われていないかが白髪が染まるか 染まらないかの違いになっています。

 

 

 

こちらでも書きましたが、白髪染めの染料はかなり濃い為に白髪に染めた際はしっかりとカバーをしてくれますが、一度染まっているところに何度も繰り返し染めてしまうと黒くなってしまうケースがあります。

また、髪の傷んでいるところにこそ染まりやすい為、白髪染めの扱いには注意が必要です。

 

白髪染めは色素が多い分明るくする力は弱く おしゃれ染めと比べると暗めの仕上がりになります。

 

おしゃれ染めの特徴

 

おしゃれ染めでは幅広くカラーリングを楽しむことができます。

明るいカラー〜暗いカラー アッシュやラベンダーなど複数種類の幅広い色を選択することなどが可能です。

 

 

白髪染めと違い ブラウンがベースに無い分、白髪を染めることはできませんが 白髪染めには出せないカラーを行うことができます。

 

おしゃれ染めと白髪染めはどちらがダメージをするか?

 

一番、気になる点はここですよね。

 

この問題はどこの部分へのダメージを意識するかによって変わってきます。

 

・髪へのダメージを考えると、おしゃれ染めの方が明るくする力が強い分 アルカリ剤の分量が多くなり、当然髪にかかる負担も大きくなります。

・頭皮へのダメージを考えた際は、色素が多くなる為にジアミンの割合が増え 頭皮に負担がかかります。

 

 

一概にこっちのカラーの方が痛む!と言うことはありませんが、それぞれにメッリットやデメリットはあります。

薬剤の塗り方や何を使うかによって、ダメージもコントロールすることもできるので、そこは美容師の腕の見せ所ですね。

 

白髪を明るく染めることはできるのか。

 

白髪染めというと暗くなるとネガティブな意識を持っている方も多いですが、明るく染める方法もあります。

例えば、明るいおしゃれ染めと暗い白髪染めを掛け合わせて染める方法ではしっかりと白髪を染めつつ、明るさを優先することもできます。

 

また、白髪を染めながらも色味をしっかりと出したい方は白髪染めとおしゃれ染めの濃い色のものや塩基性染料などを混ぜることで、通常よりは色を表現することもできます。

 

昔の白髪染め=黒という常識は今はなくなりつつありますね。

 

まとめ

 

白髪 明るさ ダメージ
おしゃれ染め 染まらない 暗め〜明るめまで選べる 幅広く選べる 髪に負担
白髪染め 染まる 暗めが基本

10トーンくらいまで

染められる

ブラウンがベース

ニュアンスで楽しむ

頭皮に負担

 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃれ染めと白髪染めについてまとめてみました。

意外と知らなかった!ということも多かったのでは無いでしょうか。

 

どちらにもメリットがあり、デメリットもありますね。

今の髪の状態や何を優先していきたいのかでうまく使い分けていけるといいですね^^

 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

 

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^

 

“http://line.me/ti/p/@mur2195q” style=”flat” background=”#ffffff” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]LINEで相談する

 

“https://watanabe-yusuke.com/お客様” style=”flat” background=”#fffff” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]