白髪染めの臭いがツンと来る理由 臭いがするのはいいカラー剤!?


こんばんは 美容師ブログライターの渡邉 佑典です。

 

本日は『なぜ白髪染めは独特なツンとする臭いがするのか』と言う疑問にお答えしていきます。

 

美容室でカラーをしているとたまに苦手な方もいらっしゃいます。

と言うより多くの方は不快に感じているはずです。

 

 

渡辺

美容師側としてもあの臭いは直接、近距離で嗅いでしまうとウッとやられてしまいます(笑)


 

ここまで読んだら、無臭に改善しろよと言う声も聞こえてきそうですが、僕は無臭のカラー剤よりも臭いのするカラー剤を強くお勧めします。

※決して匂いフェチではありませんw

 

 

白髪染めの臭いがツンと来る理由 臭いがするのはいいカラー剤!?

 

そもそも、カラー剤の臭いの原因は1剤に含まれるアルカリ剤という成分の【アンモニア】によるものです。

化学の授業などで一度は耳にしたことがある方も少なくないはずです。

 

このアルカリ剤と2剤に含まれる過酸化水素水が反応し合うことで髪を明るく染める効果があります。

 

髪にカラー剤を塗布後、髪の中でアンモニアが作用し役目が終わると髪の毛から出ていき、空気中に抜け出します。(揮発)

この時にカラー剤特有のツンとする臭いを感じるという訳です。

 


 

アルカリ剤は髪の毛の中に残留してしまうと色持ちの低下やダメージを引き起こす原因になりますが、この作用により髪の中に残留せずに髪の毛から出て行く仕組みになっています。

 

渡辺

つまり不快な臭いは感じるけど、それは髪にとってはいいことなんですね^^


 

 

市販のカラー剤は無臭なものが多い

 



 

市販のカラー剤は無臭なものが多くあります。

それは自宅の狭いスペースでカラーを行うことが考慮されている為です。

 


 

市販のカラー剤の場合、誰でも簡単に、安全に染められるという点に重視して作られております。

美容室は広い空間で施述を行う為、換気をしていれば臭いがこもることはありませんが、自宅の場合そうはいきません。

 

その為、あえて無臭化して作られているケースが多いのです。

 

そうすると、もちろんアルカリ剤は空気中に抜け出さないように設定をされている為にカラー後も髪の毛の中に残留し、髪を傷めてしまいます。

 

また、誰でも染められるように美容室のカラー剤よりもアルカリ濃度も高く設定をされている為、かなり負担は大きいものと言えます。

 

なるべくなら使用を控えた方がお勧めです。

 

匂いが耐えきれない人にはこれがお勧め

 

どうしても臭いが苦手!という方は美容室でも臭いが出ない染め方もあります。

 

・植物性のヘナカラー
 

・トリートメントカラーの塩基性カラー
 

・髪をコーティングするヘアマニキュア
 

などのノンアルカリカラー剤はアルカリ剤を不使用な為、使用していてもツンとした刺激臭が発生することはありません。

 


 

渡辺

どうしても臭いに耐え入れない方は、選択の一つとして検討して見てもいいかもしれませんね^^


 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^