【くせ毛カット】断られ続けた襟足の強い生え癖は直せる

本日もショートヘアにしたいというお客様からご相談をいただきました。

 

 

[midashi]お客様のご紹介[/midashi]

 

最近引っ越してきたばかりでお店を探されていたようです。

ネットで探している中でブログを見てきてくださった、ご新規のお客様です。

 

[watanabe]数ある美容室の中から見つけていらしていただけることは非常にありがたいことですm(_ _)m[/watanabe]

 

 

 

 

南浦和に越してきて悩んでいることは虫が多いことらしいですが 残念ながら僕の力では解決には至りませんでした。

 

悔しいですが、力不足です(笑)

 

僕は美容師なので髪のお悩み解決に全力を注いでいくことにします。

 

 

[midashi]髪質データ[/midashi]

 

・太毛

・硬毛

・直毛(襟足に生え癖あり)

 

[midashi]普段のセット方法[/midashi]

 

乾かしてから仕上げにヘアオイルでセットしているそうです。

 

軽くてまとまる【A⚪︎EDA】がお気に入りだそうです。

 

[midashi]僕からのご提案[/midashi]

 

さて、画像を見ていただけるとわかりますが 襟足の長さが左右で異なります。

 

 

理由を探るべく、内側を見てみると・・・

 

 

襟足が上を向いて生えていることが確認できます。

 

このように生え癖が強い状態の為、いつも短くすることを断られてしまうそうです。

 

[customer]希望としては短く切りたいのですが・・・[/customer]

 

[watanabe]それなら切りましょう^^[/watanabe]

 

ということで、今回は襟足短めのショートボブを目指していきます。

 

今回のケースのような場合、ただ短く切るだけでは前回切られているカットのように左右でアンバランスな仕上がりになってしまいます。

 

毛穴から向かっている方向性、癖の状態、髪の毛の落ちる位置 それらの全てを計算して1束1束丁寧に切り進めていくことで、左右対称の生え癖を感じない仕上がりを作ることができます。

 

[watanabe]何百人にも及ぶ方のショートヘアを切ってきたからこそ、わかる経験と知識を最大限お客様に還元していきます[/watanabe]

 

 

バッサリと切ります。

 

[midashi]仕上がり[/midashi]

 

 

 

 

仕上げはお客様の普段のセット方法に近づけるために、乾かしてオイルトリートメントをさっとつけた状態です。

 

そして、一番重要な襟足も完璧に仕上がりました。

 

 

短くすると跳ねて浮いてしまうと、担当する美容師に言われ続けた髪も 僕なら短くすることができます。

 

しっかりとまとまりつつも、スッキリとした印象を作ることができました。

 

 

お客様自身、久しぶりに満足できる髪型ですと喜ばれておりました。

 

[watanabe]喜んでいただけて何よりです^^[/watanabe]

 

 

[midashi]本日のメニュー[/midashi]

 

カット+カラー

 

 

[midashi]埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方[/midashi]

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です