リンス、コンディショナー、トリートメントの違いはご存知ですか??


こんにちは 美容師ブログライターの渡邉 佑典です。

 

お店で仕事をしているとよく聞かれる質問があります。

 

お客さま

リンス、コンディショナー、トリートメントの違いって何ですか?


 

僕も学生時代は疑問に思っておりました(笑)

 

この3つは似ているようで、実は大きな違いがあるのをご存知でしょうか??

 



 

リンス、コンディショナー、トリートメントは役割が違う

 

どれ同じように感じますが、実はそれぞれに役割の違いがあるんです。

 

・リンス

 

リンスは基本的に髪の毛をコーティングする作用があります。

軋んでいる髪の毛の指通りや手触りをよくしてくれます。

 

基本的には髪の外側を中心に保護してくれるもので、内部補修効果は見込めません

 

・コンディショナー

 

現在販売されている最もポピュラーなヘアケア アイテムです。

 

リンスの成分をベースに、内部補修効果がプラスされております。

 

リンス同様に髪の軋みを抑え、手触りを良くしてくれます。

 


 

・トリートメント

 

リンスやコンディショナーに比べ、髪の内部を中心に作用します。

 

髪の毛の内部ケアを行い、ダメージを補修してくれる効果があり、様々な理由で負担を受け、流出した栄養を補い、髪を保湿することで労ってくれます。

 

最近ではコンディショナーの要素を持ったトリートメントやカラーやパーマ向けなど専門分野に特化したトリートメントなど多種多様に分かれているので自分にあったものを選ぶ必要もあります。

 

 

 

リンス、コンディショナー、トリートメントを使う時の注意点

 

基本的な使い方をお伝えしていきます。

 

1、シャンプー後にしっかりとすすぎ、水気を切ってから利用する

 

水分が髪に残ったままだと効果が薄まってしまいます。

軽く水分を落としてからつけるようにしましょう。

 

2、1箇所に固まらないように全体に均一につけて、粗めのクシでコーミング

 

シャンプー後の髪の毛は絡まりがちです。

お風呂から上がってから無理やりコーミングすることがないように、トリートメントがついて滑りやすい状態で髪をとかしておきましょう。

 


 

3、頭皮にはつけずに髪の中間〜毛先につける

 

稀に根元のダメージケアもしたいからと言って根元からつけている方もいらっしゃいますが、頭皮についてしまうと毛穴の詰まりの原因になるので気を付けましょう。

 

毛先に比べ、根元はダメージも少ない健康な状態のため ケアの必要はありません。

 

4、しっかりとすすぐ

 

使用後は髪の毛に残らないようにしっかりとすすぎましょう。

 

トリートメントは時間を置くと効果的

 

リンス、コンディショナーは外部にくっつくことで作用するため、髪につけて軽くコーミング後はすぐに流しても問題はありません。

 

その反面、トリートメントは髪の内部に浸透することで作用します

そのため浸透するまでに2〜3分ほど時間をおいてあげると効果的です。

 


 

 

ワンポイントとして覚えておきましょう。

 

 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^