【くせ毛実例】クセ毛を生かしたパーマ風ボブに仰天チェンジ!


本日もくせ毛を生かした髪型にしたいというご相談をいただきました。

 


 

ご相談はいつでもお気軽にお受けしております^^

 

くせ毛にお悩みの本日のお客様

 

くせ毛でお困りのお客様です。

 


 

表面的にはそこまでクセは感じませんが内側をめくってみると・・・

 


 

うねるようにクセが見られます。

 

このような髪質の方は長さでクセが収まって見えますが、短くすることでクセが強く出てくることが予想されます。

 

くせ毛を扱う上で、まず髪質とクセの状態の把握は必須になります。

 

髪質データ


 

・細毛

・猫っ毛

・くせ毛のタイプ:波状毛

 

波状タイプのくせ毛は比較的生かしやすいくせ毛です。

パーマをかけた時のウエーブに近い質感が出しやすいために、くせ毛を生かしたスタイルにはバッチリな髪質ですね^^

 

 

ご希望のスタイルはくせ毛を生かした髪型

 

今回はくせ毛を生かした顎ラインくらいのボブスタイルをご希望されております。

 

・普段は結ぶことはあるのか?

・お手入れはするのか?

 

など普段のお客様のライフスタイルを確認した上で長さやシルエットなどを決めていきます。

 



 

ストレートとくせ毛では同じボブでもカットが変わる

 

一概にボブスタイルと言ってもストレートスタイルとくせ毛を生かしたスタイルでは大きく変わります。

 

ストレートスタイルの場合はツヤ感が出るように重めにまとまりを重視して切っていきます。

 


 

対してくせ毛カットの場合は動き感を出すために軽さと隙間を作るように切っていきます。

 


 

髪の毛の束と束の間に空間を作ることでズレが生じ、パーマをかけたように動きが出てくれます。

 

このようにくせ毛を生かしたボブスタイルの場合は収まりよりも動き、軽さ、束を重視して仕上げていきます。

 

 

稀にくせ毛の方でもストレートボブの仕上がりを意識している方もいらっしゃるので、この点の違いなどもお客様にお伝えしつつ進めて行きます。

 

渡辺

そんな説明を挟みつつ、カットを進めて行きます〜


 


 

くせ毛を生かしたスタイルの仕上がり

 


 


 

ご自身のくせ毛をそのまま利用したパーマ風ボブスタイルの完成です。

 

仕上げはパサつきを抑え、ウエット感を強調するために N. ポリッシュオイルを揉み込んで完成です。

 


 

ワックスなどのベタつきが苦手な方にもオススメです^^

 

くせ毛は短くすると扱いが大変と思われがちですが、案外長い時よりアレンジの幅も広がりセットも楽になりますよ。

 

湿気が少なくなてきている今の時期はクセの影響も受けにくいので、チャレンジするチャンスですよ!

 

本日のメニュー

 


 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^