ジアミンアレルギーの方がノンジアミンカラーで髪を明るくすることは可能か?


こんにちは ジアミンアレルギーの方の強い味方 渡邉 佑典です。

 

ジアミンアレルギーの方を染めていて、よく聞かれる質問が

 

『明るく染めることはできますか??』

 

と言うものです。

 

基本的にはジアミンアレルギーの方でも明るく染めることは可能です。

 

今回は明るく染める実例と注意点などをまとめてお伝えしていきます。

 

ジアミンアレルギーの方でもノンジアミンカラーで明るく染めることはできます。

 

2年ほど前から通ってくださっているお客様です。

僕のブログを見つけてくれて、わざわざ遠方から通ってくださっております。

 

まずはBeforeの状態

 

前回の施術は1ヶ月前。

根元は明るくリタッチカラーを行い、ノンジアミンカラーで白髪を染めています。

 


 


 


 

フロント側に白髪が集中し、後ろ側は白髪が少なく黒い部分の比率が多いです。

 

今回は白髪を染めながら黒い部分は明るめにリタッチ。

全体の色抜けして来た部分は色を補っていきます。

 

After

 


 

毛先に色が入ったのでツヤ感が戻りました。

 


 


 

しっかりと白髪をカバーしつつ、黒い部分も毛先に合わせて明るくなっています。

 

このように、ジアミンアレルギーを発症されている方でも明るく染めたり色味を変えながら楽しむことはできます。

 

ジアミンアレルギーの方がノンジアミンカラーで髪を明るく染める方法

 

当たり前の話ですが、もちろんジアミンを含むカラー剤を使用することはできません。

 

使用できる薬剤は

 

・ライトナー

 

・ブリーチ剤

 

の2点です。

 

ライトナーは聞き慣れないと思いますが、わかりやすく言えばカラー剤から色(ジアミン染料)を抜いたものです。

色味はなく無色なため、明るくするためだけの薬剤になります。

ジアミンアレルギーを発症されている方が明るくしていく際に使っていきます。

 

ブリーチ剤に関しては“強い”と言うイメージから、ジアミンアレルギーがあると使えなさそうと思われる方も多いですが、ライトナーと同様にジアミンは含まれていないため、使用自体は問題なくできます。

ただし、パワーは強いので頭皮がシミやすい方などは使用を控えた方が良さそうです。

詳しくは後ほどお伝えしていきます。

 



 

ジアミンアレルギーの方が髪を明るくするデメリット


 

もしも、髪を明るくする場合は後々に考えられるデメリットも把握しておかなければいけません。

 

通常のカラーをされている方であれば、明るくしたり、暗くしたりと明るさの調節も容易に行うことができます。

それに対してノンジアミンカラーの場合、染めた直後は暗く見せることはできても1ヶ月〜1ヶ月半ほどで完全に明るい状態に戻ってしまいます。

 

つまり、一度明るく染めてしまうと暗い状態にすることが難しいと言うことになります。

 

また、明るくした髪は日数が経つにつれて自然退色(だんだん明るくなる)もしていくことも理解していないといけません。

染めたては8レベルくらいでも3ヶ月後には10レベルくらいに明るくなることも予想されます。

 

特にロングの方やミディアムの方、伸ばし中の方は、あまり明るくしすぎないことをお勧めします。

 

ジアミンアレルギーの方、全員が問題なく髪色を明るくできるわけではない!?

 

ジアミンアレルギーの方も全て同じ症状とは限りません。

 

例えば、

 

ジアミンにのみ反応する方もいれば

 

ジアミン+他の成分で刺激を感じる方もいらっしゃいます。

 

基本的にジアミン以外の成分で刺激を感じていらっしゃる方はライトナーなどで染めても“かぶれ”はしないもののシミたり、かゆみが出てしまう可能性もあります。

 

そういった方のために頭皮に直接つかないようなゼロテクや頭皮への前処理など対策は行いますが、それでも過敏な方は刺激を受けてしまう危険性もあります。

 

まず、アレルギーをお持ちの方は自分がどのような成分に弱いのかを把握しておくことが大切ですね。

 

 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^

 


 


 


 

ジアミンアレルギーを診断された方は知ることから始めましょう。

 

突然、『あなたはジアミンアレルギーです。』と言われてもピンとこない方も少なくはないでしょう。

それもそのはずです。

 

最近はテレビや新聞などで取り上げられる機会も増えてきましたが、まだまだ【ジアミンアレルギー】を認識されている方は少ないのが現状です。

 

知っているよ!という方の多くはジアミンアレルギーを発症されている方が大半で、ジアミンアレルギーを発症されていない方の多くは、知識を持たれていない方が多いでしょう。

 

そもそもジアミンアレルギーとはヘアカラー剤に含まれる【ジアミン】が原因で引き起こされるアレルギー性接触皮膚炎のことを指します。

 

1度発症すると、完治することはなくジアミンが配合されているカラー剤は2度と使用することができません。
稀に頭皮につけなければ大丈夫!や オーガニック成分配合のカラー剤なのでジアミンアレルギーの方でも染められる!などと言っている美容師さんもいらっしゃいますが、100%ありえません。

 

発症後にジアミンに触れてしまうことで、反応はどんどん悪化し、頭皮だけでなく顔や首に痒みやかぶれなどが発生し、最悪の場合は呼吸困難など命に関わることもあります。

 

詳細記事:【完全保存版!】ノンジアミンカラーについてわかりやすく徹底解説

 

ジアミンアレルギーと診断される方は年々増加傾向にあります。

 

ジアミンアレルギーと診断される方は年々増加傾向にあります。

 

その反面、ジアミンアレルギーに関する知識や対策、ノンジアミンカラー(ヘアマニュキア、ヘナ、塩基性カラー)の取り扱いのある美容室や美容師はごく少数ということも事実としてあります。

 

ジアミン入りのカラー剤をノンジアミンカラーとして紹介してしまうケースやジアミンカラーとノンジアミンカラーで器具(カップ、ハケ、マドラー、タオル、クロスetc)を使い分けずに付着していたジアミンからアレルギー反応が出てしまうケースなど残念ながら多くのお客様より報告をいただきます。

関連記事:ノンジアミンカラーで白髪染めをしたらジアミンアレルギー反応?驚くべき理由とは?

 

まず、ジアミンアレルギーに関して理解のある美容室を探し、ジアミンアレルギーの方への施術実績のある美容師さんに依頼することをお勧めします。

 

僕がジアミンアレルギーをお持ちの方へ行う対応

 

・カウンセリング

 

ジアミンアレルギーがあるお客様にはカウンセリングの徹底を心がけております。

 

お客様の症状や履歴、仕上がりのイメージを把握し、どんなカラー施術方法がベストか?どんな薬剤なら使えるのかを判断していきます。

※過去にはジアミンアレルギーですとご相談をいただき、カウンセリングとパッチテストの結果からジアミンアレルギーではないと判断し、施術を行ったケースもあります。

行田市から1時間かけてノンジアミンカラー施術に来た方への僕の提案に仰天

ヘアカラー直後にしみる?刺激を一切与えずに染める方法 【動画付き】

 

正しい知識と経験からそのお客様にベストな施術をご提案しております。

 

・ノンジアミンカラーの選択

 

一概にノンジアミンカラーといっても

 

1、塩基性カラー(トリートメントカラー)

2、ヘナ

3、ヘアマニュキア

 

の3種類に分類分けされております。

 

僕はこれら3種類全て取り揃えております!!

 

どんな方が相談に来られても対応ができるので、ご安心してお任せ下さい。

 

・器具の取り扱いに関して

 

前途いたしましたが、ジアミンアレルギー反応に対して敏感になっている方は少量のジアミンにも反応してしまいます。

 

特に直接施術に利用する

 

・カップ

 

・ハケ

 

・マドラー

 

・タオル

 

・クロス

 

などは薬剤が残留している可能性が高いです。

 

そのため、全てノンジアミンカラー施術専用のものを使用し事故が起こらないように最新の注意を図っております。

 

髪のダメージケアと同様に頭皮のダメージケアを考える

 

ジアミンアレルギーは発症してしまうと完治することはできません。

 

そのため、発症する前になるべく発症のリスクを下げる取り組みが必要になります。

※もちろん、絶対に発症させないということは不可能ですが取り組み方で発症率は大きく下げられます。

 

今のところ、僕の顧客の中からジアミンアレルギーを発症された方はいらっしゃいません。

 

具体的には髪はもちろんですが、カラー時の頭皮への事前処理と事後処理の徹底を行なっております。

 

事前処理とはカラー剤を塗る前にホホバオイルなどで頭皮を保湿し、油分が整った状態を作った上で施術を行っていきます。

そうすることで、頭皮への過剰な刺激を抑え、負担を最小限に抑えることができます。

 

事後処理ではカラー剤に含まれる、過酸化水素水やアルカリ剤を完全に無力化した状態でお帰りいただきます。

これは目に見えないため、多くのサロンでは実施されておりませんが、薬剤が頭皮に残留したまま放置してしまうとアレルギーリスクが高まるだけでなく、頭皮の機能低下や白髪の発生率向上、刺激を受けやすい状態になるなど様々なリスクも考えられます。

そのため、その日に使った薬剤はその場で無害化し頭皮に残さないことが求められます。

関連記事:【悲報】白髪染めをすると白髪が増えるという真実をご存知ですか??

 

また、施術の際も頭皮にべったりと薬剤をつけないように塗布すること(ゼロテク)で刺激を最小限に抑えるような取り組みも行っております。

関連記事:まだ白髪染めを根元からベッタリ塗っているの?

 

 

 

現在、ジアミンアレルギーやヘアカラーからの刺激に悩んでいる方のお力になれると思います。

お悩みの方はぜひご相談ください。

 


 

ジアミンアレルギーの方をノンジアミンカラーで外国人風アッシュグレージュに染める

ジアミンアレルギーの方の実体験『一番肝心な時にカラーができなくなった』

【ノンジアミンカラー】ジアミンを使わずに明るく白髪を染める実例

【ノンジアミンカラー】で白髪染め!ジアミンアレルギーでもヘアカラーは楽しめる

【ハナヘナ実例】ジアミンアレルギーでもヘナカラーなら白髪が染められる