【くせ毛カット実例】波状毛+捻転毛をショートボブで生かす


 

 

こんにちは 埼玉県 南浦和エリアでくせ毛を生かしたショートヘアが得意な美容師 渡邉 佑典です。

 

本日もくせ毛で悩む女性から、カットのご相談をいただきました。

 


 

渡辺

ご相談はお気軽にどうぞ^^


 

 

波状毛+捻転毛でお悩みのお客様からのご相談

 

お客さま

先月に脱縮毛矯正をしてみたのですが・・・。


 

元々は腰より長い状態で縮毛矯正をされていたそうです。

このまま縮毛矯正をかけ続けていくのはやめたい!ということで、前回くせ毛カットが得意な美容室にて脱縮毛矯正をされてきたそうです。

 

お客さま

これで、日々のお手入れも楽になるわ〜


 

と思ったのもつかの間、楽になるどころか何をやっても広がってしまい収集がつかなくなってしまいました。

 

何が原因でそのような事態になってしまったのでしょうか??

 

波状毛+捻転毛を他店でバッサリと切った仕上がり

 

 


 


 


 

実は、このBeforeの状態は自宅でブローセットをされている状態です。

頑張って収めようとしても広がってしまいます。

 



 

くせ毛の状態

 

くせ毛の状態を確認していきましょう。

 

乾いた状態

 


 

一度濡らした素の状態

 


 

くせ毛の種類としては波状毛と捻転毛がミックスしています。

参照記事:【保存版】くせ毛の4つの種類を解説 クセ毛を生かす?改善する?

お悩みの原因(波状毛+捻転毛)

 

前回バッサリと切ったらなぜまとまらなくなってしまたのか?を解説していきます。

 

・脱縮毛矯正を行うタイミングが早すぎた

 

脱縮毛矯正を行う前提として、くせ毛の部分を伸ばしきる必要があります。

根元がくせ毛、毛先が縮毛矯正が残っている状態ではプロ並みのスタイリングテクニックがない限りまとめることは困難です。

 

今回のように脱縮毛矯正を行うのであれば、確実に伸ばし切ってから行うことをお勧めします。

 

・重めのボブスタイルとくせ毛の相性が悪かった

 

くせ毛で広がりやすい髪質の方に、重めのボブスタイルはNGです。

 

切りそろえられた毛先部分は厚みが出やすく、毛先部分に厚みが出やすくなります。

そこに癖の影響でさらにボリュームが出てしまうために膨らみや広がりやすくなります。

 

波状毛+捻転毛のくせ毛のお悩みの改善方法

 

くせ毛を抑えるという目的であれば重めのスタイルも有効ですが、今回の要望のように生かしていきたいのであれば軽めのスタイルを提案しております。

 


 


 

どの角度から見てもひし形のシルエットに見えるように形を作ってあげることで、毛先にズレが生まれて綺麗に癖が動いてくれます。

無理に抑え込むのではなく、癖の状態を確認しながら丁寧に形作っていきます。

 

ベースカット終了時です。

 


 

ここから重さの調節を行って完成です。

 

波状毛+捻転毛を癖を生かした仕上がり

 


 


 


 

癖が生き生きと動いてくれています。

まるでパーマをかけたかのように自然です^^

 


 

くせ毛カット前と後を見比べてみると一目瞭然ですね。

 

Beforeの状態では癖を生かさずに押さえ込もうとしたことでかえって広がりを生んでしまっています。

その状態を改善すべく、全担当の方とは真逆の提案で軽いスタイルに切り替えて癖を生かすようにカットを行なっていきました。

 

くせ毛カットは従来のカットの仕方とはかなり異なる特殊技術です。

くせ毛を見極める力、生かすカットの技法があるからこそ、広がりやパサつきのっぺり感を感じさせずに仕上げることができます。

 

渡辺

どんなくせ毛でも素敵に仕上げますよ^^


 

もし、くせ毛で悩まれている方で切りたいな〜と思っている方がいればぜひご相談くださいね!

本日のメニュー

 

くせ毛カット

 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^