他店で暗めの茶色をオーダーしたら真っ黒に仕上がった方を明るく染める実例


 

こんにちは 埼玉県 南浦和エリアで活動中の美容師渡邉 佑典です。

 

本日も公式のライン@にご相談を頂きました。

 



 

初めてLINEします。

 

昨日、美容院でカラーしたのですが、暗めな茶色と希望したのですか、真っ黒になってしまいました。

 

今日やり直しができるのか問い合わせたところ、自然褪色を待つか、ブリーチしかないですねと言われました。

 

ブリーチは痛みそうで嫌なのですが、自然褪色も待てません(´;ω;`)

 

本当になんとかしたいです、お返事お待ちしています。

 


 

ラインを頂いた時には衝撃でした、、、。

 

渡辺

暗めな茶色が真っ黒になったってどんな状況だ!?


 

取り敢えず、状態を拝見してみないことには何とも言えません。

ご予約をお取り頂いて、直接拝見してからどのようにしていくのかを決めていきます。

 

お客様のご来店

 


 


 


 

確かに真っ黒な状態ですね。

自然な自毛を通り越して深い青黒さを感じるくらいです。

 

状況を把握するために前回の施術内容を聞いてみます。

 

渡辺

前回は黒染めをされたんですか??


 

 

お客さま

いえいえ、元々明るくなりやすい髪質で色持ちを良くしたいので、やや暗めに染めたいという事を伝えて染めてもらったところ真っ黒な状態になってしまいました。


 

お客さま

なるほど、、、。


 

元々の明るさは12レベル、それを8レベルくらいのイメージにしてほしいと伝えたところ2レベルくらいの仕上がりになったということです。

 


 

読者の方々にわかりやすいように大前提からお伝えしておくと、8レベルのカラー剤を塗布したからといって今回のように真っ黒な状態になることはあり得ません

 

考えられることといえば薬剤の選定ミス、もしくは指示されたものとは違う薬剤を用意してしまい、それを分からずに塗布してしまったということです。

 

どちらにしても絶対にあってはいけない初歩的なミスですね。

 

本来であれば、お直しなどはそのサロンで行うことが理想的です。

(使用した薬剤もわかるはずだし、料金もかからないので。)

 

ですが、『自然褪色を待つか、ブリーチしかないですね』といっている時点でそこで行わなくてよかったと思います。

 

普通に考えておかしくありません??

自分たちの明らかなミスにも関わらず、その上から目線な上にできることはないと言わんばかりの対応w

 

そんなお店で修正してたらどんな仕上がりになるのか分かったものではありません。

他店でのお直しには料金がかかってしみますが、最善の選択をされたと思います。

髪のダメージはお金では買えませんからね。

 

『ブリーチは痛みそうで嫌なのですが、自然褪色も待てません(´;ω;`)』というお客様のご要望にお応えして、ブリーチ剤を使用せずに髪の負担を最小限に抑えて髪色を元に戻していきましょう。

 



 

アプローチ方法

 

前回、染めてから1週間以内なのでこの状態に通常のカラー剤を塗っても驚くほどに変化はありません(笑)

笑っちゃうくらいそのままの状態で仕上がってしまいます。

 

なので、まず前回染めた時の染料を取り除く工程から行なっていきます。

ブリーチでも可能ですが、ダメージを考慮して『脱染剤』を使用していきます。

 


 

このような書き方をすると、脱染剤は痛まないのか?と勘違いされてしまいそうですが痛みますよ!

何をするにしてもダメージのリスクは伴います。

それをどれだけ最小限に抑えて施術できるかが大切なポイントです。

 

渡辺

あくまでもブリーチよりはダメージリスクが少なかったので今回は脱染剤を使用しています。


 

その辺りは包み隠さずにお客様と共有していきます。

僕とお客様が共通の理解を持って施術していくことで納得のいくスタイルは生まれていきます。

 

さて、脱線剤の染まり上がりです。

 


 

ブリーチのように色素を完全に壊すことはできないので、このように赤みが残ってしまいます。

今回の仕上がりのご要望はベージュ系のお色なので、この赤みを抑えるように2度目のカラーを塗っていきます。

 


 

時間を置いてから流して、乾かせば完成です^^

 

仕上がり

 

しっかりと明るく仕上がりました。

お客様自身も濡れている状態から喜んでいました。

 


 

 


 


 

脱染後の赤みもしっかりと落ち着いて、綺麗なベージュに仕上がりましたね。

 

表面上では綺麗に仕上がったように見えますが、髪の芯に残っている色素や施術によるダメージは存在します。

ここから徐々に修正しながら少しずつ綺麗な状態に近づけていきましょう。

 

本当の修正はこれからですよ^^

 


 

喜んでいただけてよかった〜。

またおまちしておりますね^^

 

過去に脱染剤を使用した実例もご参考にしてください

 

・【動画付き!】黒染めしている髪の毛を明るくする方法を現役美容師が徹底解説

 

・【実例】白髪染めの影響で暗くなりすぎた髪を明るくリカバリーする方法

 

 

本日のメニュー

 

脱染+ヘアカラー

 


 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^