Q&A

公式LINE@にノンジアミンカラーに関する質問をいただいたのでお答えしました

こんにちは ジアミンアレルギーの方でもできるヘアカラーを提案している美容師 渡邉 佑典です。

公式のLINE@から質問をいただいたのでご紹介いたします。

“http://line.me/ti/p/@mur2195q” style=”flat” background=”#ffffff” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]LINEで相談する

ご質問、ご相談はお気軽にどうぞ^^

ノンジアミンカラーに関する質問を頂きました

初めまして。

ノンジアミンカラーについて調べていた際こちらの美容室を見つけました。

カラーについていくつかお伺いしたいことがあるのですが、初めてカラーをしようと思っているのですが、ジアミンが怖いことを知って、ノンジアミンのカラーをしたいと思っています。

・黒髪でもノンジアミンカラーは染まりますか?

・また、どんな色の種類がありますか?

教えてください。

よろしくお願いいたします!

初めまして、こんばんは^ ^

渡邉 佑典です。

ご連絡ありがとうございます!

まず、いくつか伺いたいことがあります。

1.ジアミンアレルギーや他のアレルギーなどはありますでしょうか?

2.黒髪ということですが、これは自毛でしょうか?黒染めでしょうか?

ご返信ありがとうございます。

1.染めたことがないので、ジアミンアレルギーはわからないです。

咳止めで、薬(アスベリン)のアレルギーはあります。

あと、花粉症です。

2.黒髪は自毛です。

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

ノンジアミンのカラーについてですが、黒髪であっても染めることは可能です。

また通常のカラーど同様に種類は一通りあります。

(アッシュやピンクなど)

ジアミン=色 になります。

ノンジアミンカラーの場合、色を他のもので代用している為に発色(色の強さ)や色持ちはジアミンカラーより劣ってしまいます。

アレルギーを発症していないのであれば、ジアミンの染料を使ってもいい場合もあります。

ジアミン=悪というイメージですが、実は使い方次第で有効な使い方もできます。

例えばこのようにジアミン濃度を減らした施術も出来ます(ブログは白髪染めですが通常のカラーでも可能です。)

【月1の白髪染め】ノンジアミンカラーに限りなく近い低ジアミンカラー どうも! 頭皮に優しい白髪染め師 渡邉 佑典です 本日もお客様からご予約をいただきました。 ご相談は...

また頭皮につけずに塗ることで、頭皮ダメージのリスクを減らすこともできます。

ヘアカラー剤を一切頭皮に付けずに染める方法 【動画付き】既存のお客様のお悩み解決が同じような境遇の方の役に立ちそうだったので記事にまとめます。 カラー剤を塗ってからすぐにしみる方...

もちろん、ノンジアミンカラーで施術することも可能です。

ご丁寧にありがとうございます。

行ける日が決まりましたら、予約させていただきます(*´∇`*)

本当にありがとうございました!

ジアミンは怖いものと知った上でカラーをすることは大切なこと

ヘアカラーをする上で、ジアミンアレルギーの発症リスクは付き物です。

どのタイミングでアレルギーを発症するかもわかりません。

なるべく発症リスクを減らしていくために ジアミン濃度の薄いもので染めていったり、頭皮にべったりとカラー剤をつけないなどの対策が必要とされます。

気になる方は担当の美容師にこのような対応をすることは可能か問い合わせてみましょう。

ヘアカラーで注意すべきはジアミンだけではない!?

広く知られているのはジアミンが原因で引き起こすジアミンアレルギーですが、他にも過酸化水素水やアルカリ剤など頭皮に負担をかけてしまう成分もあります。

これらは健康な頭皮の機能を低下させる可能性があるというリスクもあります。

頭皮の機能が低下すると

・髪が抜ける、細くなる

・皮脂の分泌が少なくなる

・カラー剤に過敏に反応してしまう

などの症状が起こります。

長くカラーを続けていくためにも1回1回の施術内容大切になります。

ノンジアミンカラーで明るくできる??

もちろん明るくすることもできますよ^^

この方は黒い状態からアッシュに染めました。

【ノンジアミンカラー】ジアミンアレルギーが怖くて1年間美容室に行けなかったお客様こんにちは ジアミンアレルギーの方の駆け込み寺 渡邉 佑典です。 さて、本日ご相談をいただいたお客様は、以前通っていたサロ...

こちらは明るい状態をピンク系で落ち着かせました。

夏のヘアダメージをノンジアミンカラー補修しながら秋色にイメージチェンジ!9月にご来店いただくお客様にはトーンダウンを推奨しております。 夏のダメージを受けた髪の毛はダメージして、パサついてツヤを...

このように明るくも暗くもできますし、色味を楽しむこともできます^^

これからは長期間カラーを続けていくことが大切

今の時代、10代でカラーを始めて、80代、90代までカラーを続けていくことが当たり前になっています。

もし、このまま寿命が伸び続けていったらもっと長くなるかもしれません。

今のまま染め続けて、80年染め続けられますか??

今一度、カラーリングのやり方を考え直してみることも大切かもしれませんね。

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^

 

“https://watanabe-yusuke.com/line-soudan/” style=”flat” background=”#b9e7cb” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]

 

“https://peraichi.com/landing_pages/view/vzjqk” style=”flat” background=”#b9e7cb” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]

 

“https://watanabe-yusuke.com/お客様実例” style=”flat” background=”#b9e7cb” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]

 

“https://watanabe-yusuke.com/access/” style=”flat” background=”#b9e7cb” color=”#000000″ size=”13″ center=”yes” “round”]