【秋の紫外線対策】紫外線は夏でも〇〇%降り注いでいると言う驚きの事実!


こんにちは 美容師ブログライターの渡邉 佑典です。

 

やっと夏が終わり、穏やかな秋になりました。

 

ところで皆さん、紫外線ケアは継続して続けておりますか??

夏時期はCMなどでもたくさん見かけていた、日焼け止めなどのCMも最近は放送されなくなりました。

 

と言うことは、紫外線は無くなったのか?とイメージしがちですが、それは大きな間違いです。

 

秋にも紫外線ケアは必須!

 

 

紫外線と聞くと夏をイメージしますが、実は秋時期にも降り注いでおります。

 

渡辺

なんだかんだ、1年中ケアは必須ですね。


 

7、8月のピーク時ほど強くはありませんが、およそ40%〜70%はこの時期にも影響があると言われております。

 


 

夏はしっかりとしたケアを心がけていたものの、秋に入ると油断しがち・・・。

何もしていない状態だと、夏状にダメージを受けてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

肌の老化、髪のダメージケアは予防が大切

 

紫外線は肌や髪の毛に多大なダメージを与えると言われております。

 


 

肌に当たると、細胞レベルで負担がかかり、しみ しわ たるみの原因になると言われております。

 

髪も同様にキューティクルの剥離、内部物質の流失、カラーの色素の変色などが考えられます。

 

肌も髪もダメージを受けてしまってからでは治すことはかなり難しいといえます。

また時間もコストもかかってしまうので経済的な負担も大きくなります。

 

治すことは難しいですが、予防して事前に防いでいくことは簡単にできます。

見た目に見えるダメージになる前に、事前に対策を行いダメージを受けない状態を作っておきましょう。

 

自分でできる3つの対策

 



 

・日傘や帽子で紫外線をブロック

 

一番、確実なのは紫外線を受けないこと。

日傘や帽子などを利用することで紫外線は肌や髪に当たらなくなるので有効といえます。

 

・日焼け止めを利用する

 

肌はもちろん、髪の毛にも日焼け止めを使用することで紫外線を受けた時の負担を減らすことができます。

 


 

ただし、 この時期は夏に使用していたものよりも少し弱めのものがオススメです。

日焼け止めのパワーを表すPAの+の数が少ないものを選択するようにしましょう。

 

レジャーなどで長期間、外にいる場合は日傘や帽子+日焼け止めを利用していくことをオススメします。

 

・外出後はアフターケアも怠らない

 

紫外線を受けた肌や髪はナイーブな状態になります。

その日のうちに、保湿などのケアをしっかりと行いましょう。

 

まとめ

 

夏が終わったからといって、油断は禁物です。

 

紫外線は1年中降り注いでいるので、事前に対策をとって予防を心がけるようにしておきましょう^^

 

 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^