【ノンジアミンカラー実例】行田市から1時間かけて施術に来た方への僕の提案に仰天

こんにちは 髪と頭皮のことを考えて施術をする美容師 渡邉 佑典です。

 

本日のお客様はなんと 埼玉県の行田市からご来店頂きました。

行田市というと・・・どこら辺だろう?

 

調べてみます。

 

 

[watanabe]車で1時間を超えるだとぅ!?[/watanabe]

 

はるばる時間をかけて南浦和まで来ていただきました。

遠いい所よりブログを見つけてご来店いただけるお客様に感謝です。

 

[watanabe]ありがとうございますm(_ _)m[/watanabe]

 

 

[midashi]ノンジアミンカラーを求めてご来店されたお客様[/midashi]

 

 

退色していることもあり、中間は11トーン 毛先は14トーンほどの明るさがあります。

 

 

全体に10%以下の割合で白髪があり、特に顔まわりが気になると言うことです。

 

 

なぜか色が抜けやすいという表面と内側では2トーンほど色の差ができてしまっております。

 

 

[midashi]ノンジアミンカラーでカラーリングをしたい[/midashi]

 

今回ご来店されたお客様の目的はノンジアミンカラーで染めること。

通常のカラー剤には不安があり、1年ほど前からノンジアミンカラーを利用されているそうです。

 

ただ、いつも通っているサロンでは白髪がしっかり染まらずに色抜けも早いと言う悩みを持たれていると言うことでした。

[midashi]ノンジアミンカラーで染めたてから白髪の染まりが薄かった理由[/midashi]

 

それはお客様の髪の毛の明るさに原因はありました。

 

今回のお客様のように、髪色が明るい状態で白髪を染めたい場合 僕の施術ではダブルプロセスの1択です。

 

ダブルプロセスとは2回に分けて染めることを言います。

1度目のノンジアミンカラーで髪を明るくし、2回目のノンジアミンカラーで白髪を染めて行きます。

ジアミンを含まないカラー剤の場合、カラーの工程を分けて行わなければ、明るさか白髪の染まりのどちらかに影響が出てしまいます。

 

以前のサロンではワンプロセスで行なっていたために、明るさが優先され 白髪の染まりが甘くなっていたものと考えられます。

 

[midashi]ノンジアミンカラーを行う際のお客様の不安要素[/midashi]

 

ノンジアミンカラーを希望されていると言うことで、当然ジアミンアレルギーをお持ちなのかな?と予想し伺います。

 

[watanabe]症状としてはどのようなものがありますか?[/watanabe]

 

[customer]1年前に自宅でカラーリングを行なった際に、塗布直後に激しい動悸が起こりました。[/customer]

 

[watanabe]ふむふむ[/watanabe]

 

[customer]その際は、すぐにシャワーで流したために何も起こりませんでしたが それ以来カラーが怖くて・・・[/customer]

 

そこでネットなどで情報を調べているとジアミンアレルギーのことやアレルギーがあってもカラーができるノンジアミンカラーのことを知り、自宅から通えるサロンでノンジアミンカラーの施術を受けていたそうです。

 

 

[midashi]ノンジアミンカラーを希望されているお客様への僕からの提案[/midashi]

 

さて、ここからが本題。

 

今回僕が行なった提案は2つ

 

・ダブルプロセスによるノンジアミンカラー

・[red]マスクをつけて通常のカラー[/red]

 

[watanabe]え!?マスクw[/watanabe]

 

 

そう、このマスクです。

 

 

先ほどのヒアリングでお客様がジアミンアレルギーと思っていた症状に疑問を感じました。

ジアミンアレルギーの症状といえば、[red]“かぶれ”や“かゆみ”など皮膚に現れることが多い[/red]です。

アナキラフィシーショックなどを引き起こした場合、息切れや呼吸困難などを併発するケースもありますが、お話を聞いた限りではそのような症状ではないと予想しました。

 

 

※必ずご自身で判断せずに僕宛、もしくは担当の美容師さんに相談の上で判断してください。

 

個人で判断し、誤ってしまうとアレルギー症状や刺激などを受ける可能性も大いにあります。

症状が曖昧で確実な判断ができない場合はパッチテストやノンジアミンカラーでの施術を推奨しております。

 

[midashi]では、なぜ動悸が起こったのか?[/midashi]

 

カラー剤と言うのは性質上、髪の中に悪い成分が残らないように揮発というものが行われます。

その際にアンモニア臭がするため、吸い込むと気分が悪くなるなどの現象も起こることもあります。

美容室の場合、十分な広さや換気がしっかり行われるように設計されているため問題はありませんが、[red]自宅で施術を行なった場合 臭いが充満し大量に吸い込んだ[/red]ため、今回のように動悸が起こったと予想されます。

 

[watanabe]自宅でカラーを行う際は、なるべく広い場所で換気を行いながら施術しましょう[/watanabe]

 

以前、カラーを行なっている際も、しみたり被れたりなどの症状は出ていないということなので思い切って通常のカラーで染めてみませんか?と提案させていただきました。

 

というわけで、臭いを吸い込まないようにマスクをつけながら

 

 

頭皮への負担が最小限になるように、ジアミン濃度をコントロールして染めて行きます。

 

 

ノンジアミンカラーを求めてきたのに、まさかのジアミン入りカラーを勧められて驚かれたと思いますがお客様のご要望や状態に合わせて必要なものをご案内するのが僕らの役目です。

それらを考慮して最善と判断した為に今回はこちらのカラーを提案させていただきました。

 

数年ぶりにバッサリと切らせていただき、丁寧に薬剤を塗っていきます。

 

[midashi]仕上がり[/midashi]

 

 

長かった髪の毛を、バッサリとボブにイメージチェンジさせていただきました〜!

 

 

 

白髪もしっかり染めながら明るさもしっかりと合わせていきます^^

 

表面と内側の色の差が大きかった部分も綺麗に馴染みましたね。

繰り返し染めていくことで退色しても色の差は出にくくなります。

 

 

施術中は全く問題はなく、施術後もかゆみや被れなどは一切起こりませんでした^^

一番の不安要素であった、動悸も今回の施術ではみられませんでした。

 

[watanabe]よかったー。[/watanabe]

 

僕自身は息子さんや旦那様からの評判が気になるところです、、、。(笑)

 

 

 

 

実はこのようにジアミンアレルギーかも??と悩んで相談をいただくケースも多々あります。

ネットで調べれば不安を煽る情報も多く、気軽に相談できる場所もないので勘違いされる方も多くいらっしゃいます。

 

僕のブログは、そのような方々のお悩み相談や質問を受け付けられる場所でもあります。

今の悩みや状態などを教えていただければ、最適な施術やアドバイスなども行わせていただくことは可能です。

 

 

お気軽になんでもご相談ください。

 

ちなみに本日ご来店いただいたお客様はほとんど市外からでした。

 

他県や市外からのお客様も大歓迎です^^

お気軽にご来店ください

 

[midashi]本日のメニュー[/midashi]

 

カット+低ジアミンカラー

 

 

 

 

[midashi]埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方[/midashi]

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です