【ハナヘナ白髪染め】2度染めで自然なブラウンに染める実例


こんにちは 埼玉県南浦和から正しいハナヘナを使用したヘナカラーを提供しております 渡邉 佑典です。

 

ハナヘナを活用した白髪染めは、髪の毛だけでなく頭皮にも負担をかけずに染めることができます。

最近は誤った白髪染めの技法で染め続けることで、ジアミンアレルギーや頭皮昨日の低下を招きます。

 

カラーリング中にピリピリと刺激を感じたり頭皮が熱く感じる方、カラー施術後に頭皮に炎症が起きて赤くなっている方は要注意です。

体からの限界のサインかもしれません。

 

今回はそんな経験を経て、ジアミンアレルギーは発症していないものの通常のカラー剤が使えなくなってしまったお客様の実例をご紹介いたします。

 

ハナヘナで白髪染めをご希望のお客様

 

冬前くらいに、カラーリングでひどく刺激を受けしみてしまうので何とかしたい!と初めて相談をいただきました。

 


 

初回のご来店時に

 

・なぜしみてしまっているのか

 

・どんなカラー剤が良くてどれが悪いのか

 

・今後はどのように白髪を染めていけばいいのか。

 

などお客様の疑問や今後の方針をお伝えさせていただきました。

 

その時に提案させていただいたのがハナヘナです。

それから3回ハナヘナで施術していますが、今では全く症状も出なくなりました。

 

 

髪質データ(ハナヘナ/白髪染め)

 

・太毛

・硬毛

・白髪率

前側50%、後ろ側10〜20%

 


分け目部分

 


右側

 


左側

 


後ろ

 

全体的に白髪があるため通常の白髪染めを1月に1回、多い時は2回ほど繰り返していたそうです。

今現在もハナヘナを利用し月に1回ペースで通っていただいております。

 



 

ハナヘナによる白髪染めのアプローチ方法

 

今回は2度染めを利用して染めていきます。

 

1度時間のない時に1度染めも経験されましたが、仕上がりは2度染めの方が好みだったようです。

 

 

1度染の実例はこちらをご覧ください。

参照記事:【ハナヘナ実例】しみやすい方でも染められる!天然100%のヘナで白髪染め

 

 

まず、1度目は毛先までたっぷりとナチュラルを塗布していきます。

 


 

1度流した状態がこちらです。

 


 

このままの状態だとかなり強めにオレンジが発色してしまいます。

このオレンジを反対色のインディゴ(藍色)を使ってブラウンに近い仕上がりにもっていきます。

 


 

施術中はヘナの心地よい香りに癒されるだけでなく、頭皮や髪に付着したシリコンや汚れなどを吸着して落としてくれる嬉しい効果もあるので、施術後は心身ともにリフレッシュできます。

 

通常の白髪染めの放置時間より少し長めの時間をいただいておりますので、ヘナカラーをされる際は小説や趣味のものなど時間を潰せるものをお持ちいただくこともお勧めしております。

 

ハナヘナによる白髪染め後の仕上がり

 

施術前に悩みの種だった白髪もハナヘナで撃退しました!!

 


 


 


 


 

2度染めをしているので、染まり具合も色の感じも申し分なくバッチリですね。

 

余分なものを落とした髪の毛は本来持っている艶やサラサラな軽い手触りが蘇ります。

このスッピン髪効果もハナヘナが支持される点の1つです。

 


 

ハナヘナの継続することでカラー剤が使えなくなる予防をすることができる

 

このようにカラー剤が使えなくなってしまってからご相談をいただくケースがとても多いですが、その段階でできるアドバイスとすればヘナを始めとするノンジアミンカラーの提案しか行えません。

 

ジアミンアレルギーや頭皮機能が低下し過敏になってしまった状態では完治は難しく、通常のカラー剤はほぼ一生使用することは難しいと言えます。

 

ただし、そうならない為に予防をすることは可能です。

頭皮につけないような塗り方や薬剤パワーの調節、頭皮に薬剤を残さない後処理など発症前に取り組めることはたくさんあります。

 

もし、カラーを行なって何か違和感を感じていたらお早めにご相談下さい。

また自分がカラーをできないような状態になってしまっていたら、周りの方に同じような方を生まない為にも発信をしてもらえれば幸いです。

 

僕のブログやラインを紹介してもらえればなにか力になれるかもしれません!

 

本日のハナヘナメニュー

 

ハナヘナカラー2度染め

 


 

埼玉県 南浦和周辺でお悩みの方

 

ご相談はこちらから承ります。

その他地域の方も、お気軽にご相談ください^^